訪問看護師を目指している方は必見です!

訪問看護師になるために押さえておきたい知識

在宅看護において感染予防は大切な仕事の一つとなります。在宅感染予防は、病状の悪化や二次感染、再入院などのリスクを回避するために重要なことですが、病院と同様、対策を行うのは困難なうえ、コストも必要となります。そこで、在宅看護における感染症予防の3つのポイントについて、事前に押さえておきましょう。
保育園看護師に強い求人サイトは?

まず1つめのポイントが「スタンダードプリコーションの徹底」です。 スタンダードプリコーションとは、感染症の有無によらず、すべての療養者に対して用いる予防策です。手袋・ガウン・マスクなどの使用を療養者に指導し、擦式手指消毒薬などを行うのが基本となります。

2つ目のポイントが「訪問看護師など、接触者による感染源の媒介防止」です。在宅看護の場合、患者さんは病院に入っているわけではないため、訪問看護師や介助サービススタッフなどを介して、病気に感染する可能性が高くなります。

在宅看護の場合、看護師や介助スタッフが、一日に数件の訪問を行うため感染の媒介となるリスクを負うことになります。そのため、接触感染には十分注意し、業務の前に手洗いを徹底するだけでなく、使用した医療機器や物品は徹底的に消毒するなど、在宅療養者に関わる全ての人が統一した予防策を取れるよう、計画を立てることが必要となります。

3つ目のポイントが「療養者・家族が共に最低限の予防策を続けられるようにする」という事です。在宅療養者の中には、IVHなどのカテーテル挿入を行っている方や、免疫力が低下している方が少なくありません。こういった方々は感染リスクが高くなるため、訪問看護師がいない間にも、適切や予防を行うことが必要となります。

そのため、訪問看護師には在宅における感染予防の重要性を療養者・家族に正しく指導し、適切な情報を提供することが求められます。また、提示する予防策を継続することが重要となりため、コストを考慮し、煩雑な手順が必要ない予防方法を提案する必要があります。