シップナースの仕事内容や求められる知識

病院ではなく、その他の職場を探しているという方は求人情報を集めてみましょう。 例えば、船や海が好きという方から人気が高いのがシップナースと呼ばれるものです。

これはその名の通り、船の保健室で働く看護師のことですね。

看護師が働く職場といえば、病院や福祉施設が代表的ではありますが、ツアーナースやイベントナースも人気が出てきています。

人というのは、いつどこでどのような理由で病気にかかったり、けがをするかというのは予想できませんよね。 もしもの事態に備えてイベントやツアーで看護師を同行させる企業が増えているのです。

シップナースの場合は、一般的に長期間にわたって渡航している客船などに配置される形になります。 大型の客船の中には医務室や保健室が用意されているため、そこで仕事をする形になるのです。

もちろん、看護師のみですべての医療行為を行うことはできないため、船医も配置される形になります。

主な仕事は、乗客や乗組員の健康管理のほか、体調不良やけがが発生してしまった場合の迅速な対処です。

病院とはまた一味違った経験ができる魅力的な仕事といえますが、看護師としての経験が豊富な方でなければ対応できないことも多いので注意しなければなりません。 地上で医療行為を行う場合、必要な機器などはすべてそろっていますよね。

仮に、なにか足りないものが発生してしまったとしてもすぐに調達することができます。

それに比べ、船の上で行う医療行為というのは、限られたもので対応しなければなりません。 場合によっては、本来の目的とは違う目的で作られた道具を代用しなければならないこともあるでしょう。

そういった専門的な知識が求められる職場でもあるため、やりがいは非常に大きいのですが、求められる知識や技術料も高い職業です。

それから、日本近海だけでなく世界中を回る船に同行する場合、語学力なども必要とされます。 こういったことから、シップナースになるのは簡単なこととは言えませんが、看護師としてスキルアップを目指しているという方からすれば非常に魅力的な職場です。

メニュー

ページの先頭へ